忍者ブログ

崩れていくものそれは何?

なんでも崩れていくのは早いけれど

[PR]

2016/06/30 (Thu) -

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


理解しました

2011/12/16 (Fri) - 概要

i got it

ok

了解いたしました


らじゃ

わかりきったことを聞かれても

なかなか

その先は

見えない


だからこそ

見える位置まで

でていくことが大切なんじゃないかな??


そう思いませんか??


PR

お そのまんま

2011/08/25 (Thu) - このまま

ひがし

ひさびさじゃないですか??

九州のB型 おとめ座




松本さんの




なるほどね

さすがに、おもしろいですね

アクシデント

なるほど

さすがにアナウンサー

言い方がすばらしい

こういう大人の会話のほうが面白いです

谷 あり 谷 あり


なるほど

どこまで下がる年



人間塞翁が馬

なるほど

七転び八起き






あそこでがんばったのですから、ま


ちょっと軽妙な・・・・


黒船がきた


やれるもんなら やってみろ

最高96パー


ヒットラー 92 きむじょんいる 9?

それ以上の支持率ですか!!!!

すごい

ギネスね

なるほど

自分の意見は 議会を通らないとダメ


なるほど





おわっちゃった!!!!



格差拡大

2011/03/10 (Thu) - このまま

最近いろんな記事をみますが

世代間格差が拡大している

そんな記事とかみちゃって、びっくり

孫はアナタの何倍も苦労する

そして何倍もの
借金を背負うことになる


そんな記事でしたが

いまの50以上のひとが

貧乏生活を受け入れるとは、到底

思えない

そうなると


私達

若者は

借金返済に

人生をささげないといけない

生きるも地獄

とは まさにこのとうりだ

日本に生まれてくるだけで

借金を1000万円ぐらい、背負うわけで

母子手当てとか

まったくの麻酔にすぎない

すべてが、終わっていることなのですね


リセットするにも


人工構成比率で考えるなら

50歳以上のひとが

マジョリティですから

絶対に 何も 変わらないと


断言できますね


道は一つ


破綻

を一刻もはやくすることだ


米国的にいうと


チャプター11というやつだ


GMをみればわかるとおりだ!!!!!!


たぶん・・・・・・・

ことしはつのほうかい

2011/01/16 (Sun) - 概要

それは髪の毛じゃ


いやだ


どんどん抜けていく


って


冗談で

カラダ崩壊なる 画像を発見

ちょっと拝借してみることに


こりゃ


すごいですな


えびぞり







そらを見上げれば~~~~~~~~~



USA

みためはどうですか??

2010/12/24 (Fri) - このまま

改行しないバージョンと、改行するバージョン二つを
見比べてみようと思います。




123456789

1
2
3
4
5
6
7
8
9


これだとわかりづらいので




50文字程度


でどうぞ



10分の作品ではあるが、20分くらいまで構成可能。テーマは、抑制した「カラダ」から、徐々に壊していく。能動的に壊していく。できれば、野外での公演が希望。様々な空間を活かした構成の中で、その場にあるもの、『人』(観客)と『場』(空間)の間から生まれる「衝動」を『ウゴキ』『おどり』にしていく。少しテーマがリンクした作品に『主題 崩壊』がある。






改行あり



10分の作品ではあるが、20分くらいまで構成可能。
テーマは、抑制した「カラダ」から、徐々に壊していく。能動的に壊していく。
できれば、野外での公演が希望。様々な空間を活かした構成の中で、その場にあるもの、『人』(観客)と『場』(空間)の間から生まれる「衝動」を『ウゴキ』『おどり』にしていく。少しテーマがリンクした作品に『主題 崩壊』がある。




なんだかな



日本刀





PREV PAGE HOME NEXT PAGE

 
カレンダー

05 2016/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード
ブログ内検索

OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]